豊岡FC : 豊岡フットボールクラブ オフィシャルサイト

兵庫県豊岡市で活動する、ジュニアサッカークラブです。

豊岡フットボールクラブ

(豊岡FC)

大会関係

【怒涛の史上初最短連続更新!】仕上げは、「新シーズン開幕っ!」

豊岡FC News2017年3月18日(土曜日) 京丹後市 大宮自然運動公園
2017年3月19日(日曜日) 京丹後市 弥栄総合運動公園
2017年4月8日(土曜日)、9日(日曜日) 朝来市 山東農村広場
2017年4月15日(土曜日)、16日(日曜日) 朝来市 山東農村広場
2017年4月23日(日曜日) 加古郡 播磨町望海公園グラウンド
2017年4月23日(日曜日) 豊岡市 ウェルストーク豊岡
2017年4月30日(日曜日) 養父市 つるぎが丘グラウンド


史上初の最短連続更新も、ファイナルを迎えましたっ!
本当は、「その参」で一息つくはずでしたが、
強い責任感とボランティア精神に突き動かされ追筆っ!
決して、GWになんの行楽予定もなかったわけではありませんっ!

☆丹後サッカーフェスティバル(2017年3月18日、19日)
【第一日目】

image003

毎年、この大会が新チームのスタートッ!
「丹後SF」実行委員の皆さん、今季もお誘いいただき、ありがとうございましたっ!

image004

豊岡FCU-12新チームの選手たち。
6年生、5年生で編成されるチーム。6年生だからスタメンとは限りません。
しっかりとコーチの指示を聞いて、実力を発揮したいですね(^-^)

image005

スタメン争いではライバルですが、
その点以外は、全員仲の良いチームメイトです。

image008

「5年生なでしこ」ながら、新チームの舵取り役になり得るラナ。

image009

image010

image015

5年生ながら、新チームのエース格ゼン。
トレセンでの経験を、良い意味でチームに落とし込んでほしいっ!

 

【第二日目】

image016

二日目の会場は、昨シーズン5年生が初めてU-10チームで大会に臨んだグラウンド。
惜しくも準優勝だったが、良い思い出のあるグラウンドだ。

image021

新U-12チームのキャプテン、ケイト。
キャプテンとしての存在感を発揮し、チームをまとめ上げてほしい。

image022

新チームの「ダイナモ」オウセイ。
豊富な運動量で、チームに貢献する!

image025

「さあ、どこに蹴ってほしいのっ?」
まるで、そう言ってるかのようなオーラを感じますねぇ( *´艸`)
「エンプレス・ラナッ!」

image028

image029

ユウトのシュートがゴールに吸い込まれます。
このグラウンドと一番相性が良い選手なのでしょうか?
昨季も、ものすごいシュートを決めていたのを思い出しますっ!
他のグラウンドでも、決めてくれっ!!(^▽^;)

image034

ゼンのゴールに、祝福に駆け寄るチームメイトたち(^-^)

image035

誰よりも多くコーチングしてくれるマサヒロ。
チームに「元気を吹き込める存在」になれるキャラだが!

image036

image041

image042

大会終了後は、しっかりとグラウンド整備をして帰りました(^O^)/
また、来年もよろしくお願いしますっ!

 

☆但馬リーグU-10①(2017年4月8日)

image043

今季から、U-10の試合は土曜日に行われることになった「但馬リーグ」。
これが、豊岡FC新U-10チームですっ!
昨季、ぶっちぎりの成績で但馬リーグを制したチームのスタメンが、二名残っています。
今季も期待してるぞっ!

image044

キャプテンとしてチームを率いるのは、なでしこのキリ。
他の選手にはない体格…い、いやっ…、責任感の持ち主で、「なるべくしてなった女主将」でありますっ!
チームの守備を引き締めるっ!

image045

image052

攻撃の中心となるシイト。
チームメイトのレベルを引き上げる選手にならなければならない選手だっ!
もっともっと自我を出していいっ!もちろん良い意味で(^-^)

image053

攻撃の良きアクセントになりつつある3年生のソウマ。
信頼してパスをもらえるレベルになるまで、まだ少し時間が必要か…。

image054

アツキの恵まれたフィジカルとポジティブさは、このチームにとって必要不可欠。
持っているものを有効に使うことができれば、かなりのパフォーマンスを期待できるが…。

image055

3年生だった昨季は、4年生のパフォーマンスになかなかついていけずネガティブなプレーが目立ったが、
4年生になった今季は自覚も出てきて、積極的なプレーに変わってきたムサシ。
シイトやアツキとは、また違ったリズムを作り出す選手になれるはずっ!

image058

昨季、U-10チームの試合に2年生で最も多く召集されたハルヒ。
3年生になった今季、「弟身分」ではなく、主軸選手と同等の責任を持って試合に臨むこと。
「大きな期待」に応えるには、まずそこから変えなければ。

image059

3年生ながら、すでにユーティリティプレーヤーの片りんを見せるユウト。
責任あるポジションを任されるのは、
ベンチの「大きな期待の表れ」だ!

まだまだ経験の浅い選手たちが大きく成長してくれれば、
昨季のU-10チームと、それほど遜色のないチームになれるはずっ!
頑張れっ!

image064

image067

image068

image071

今季のU-10チームにも、大いに期待しようっ!
よろしくお願いしますっ!

 

☆但馬リーグU-12①(2017年4月9日)

image072

U-10と同じ会場で行われたU-12のリーグ戦ですが、
前日とは打って変わって、グランドコンディションはグチョグチョ(^^;)
それでも、U-12チームは元気にプレーしました。

image073

image076

image079

FKを任されるラナ。
ボールが枠にいったかどうかは、わかりません(^▽^;)

image082

image085

image088

 

 

☆但馬リーグU-10②(2017年4月15日)

image089

image094

image095

image096

image099

image100

image101

 

☆但馬リーグU-12②(2017年4月16日)

image102

image105

image110

image111

image112

image113

image114

image119

image123

image124

image125

image130

今季のU-12チームは、豊岡FCにしては人数が多め( *´艸`)
スタメン争いはし烈を極めるはずです。
まずは、この「但馬リーグ」で経験を積み、自分の実力(ちから)をアピールしてほしい!

協会4種但馬リーグ運営役員の皆さん、
今季もU-12、U-10チームがお世話になりますっ!
よろしくお願いしますっ!

 

 

☆播磨サッカーフェスティバル(2017年4月23日)

image131

image132

image135

image136

image139

image142

image145

image148

image149

image150

但馬外のチームと対戦できる貴重な機会。
主催の播磨サッカークラブの皆さん、
今年もお誘いいただき、ありがとうございましたっ!
これからも、豊岡FCをよろしくお願いします!

 

 

☆だんごカップ①(2017年4月23日)

image151

image156

image157

image160

image163

image164

image165

今回のチームMVPはオースケですっ!
おめでとう!

image166

今回も例に漏れず、キャラの濃い、暑苦しい記念撮影となりましたぁ(^▽^;)

 

☆八鹿トレーニングマッチ(2017年4月30日)

公式戦(兵庫県少年サッカー大会但馬予選)目前。
ジュニオール八鹿さんにお誘いいただき、トレーニングマッチを行いました。
ジュニオール八鹿の皆さん、会場手配等、お世話になりありがとうございましたっ!

【U-12】

image167

image170

image175

image176

image177

 

【U-10】

image178

image179

image182

image185

image188

image189

 

U-12、U-10チームともに、充実したトレーニングマッチを行うことができましたっ!

さあ、いよいよ本番を迎えるU-12チーム。

image190

決戦の第一日目は、5月7日っ!

次回更新では、「兵庫県少年サッカー大会但馬予選」の模様を
お伝えいたしますっ!
お楽しみにっ!

【見逃すなっ!史上初、最短連続更新っ!】 (その参)

豊岡FC News2017年2月25日(土曜日) 養父市 全天候運動場
2017年3月4日(土曜日)、5日(日曜日) 豊岡市 但馬ドーム
2017年3月11日(土曜日) 豊岡市 ブラキテ


史上初の最短連続更新も、ラストの第三弾っ!
ようやく昨季の記事を書き終えることができて、ホッとしておりますぅ( ^)o(^ )

☆いきいきドームフットサル(2017年2月25日)

image003

ここ数年、学校行事と重なってしまい出場できなかった、この大会。
今季は、何とか参加できることに…。

image004

この大会を含めて、リュウキに残された大会はあと二つ。
気合が入る。

image005

一年間、ともに戦ってくれた5年生選手たちと、
あと何度、こうして声を掛け合えるだろうか…。

image006

image007

image008

image009

image010

image011

image012

image015

残された時間は短いけれど、
リュウキのガッツが薄れることはないのだっ!

image018

image019

image020

残念ながら、大会二日目に進むことはできませんでした。

image021

image022

大会スタッフの皆さん、お世話になりました。

 

☆さよならサッカー(2017年3月4日、5日)
【第一日目】

image023

U-12最後の大会ということで、この大会は11人制。
「たった一人の6年生」だった2016-17シーズンの豊岡FCU-12チームに
そんな人数はおりませんっ!
ということで、またまた四年生助っ人参加です(^^;)

8人制を見慣れてしまうと、この人数は多い…。

image024

そして、キャプテン、リュウキにとっては、この大会がいよいよ「最後の大会」となります。
コーチを見る目にも、貫禄が感じられますねぇ…っていうか、目つき悪ぅーっ!(^▽^;)

image027

image028

image031

image032

image033

チームメイトのゴールに、ゴールマウスから飛び出して祝福するリュウキ。
チームは強くなくても、この瞬間を大切にしてくれるキャプテンの存在は、
ともに戦う年下の選手たちの気持ちを、大いに盛り上げてくれるのだっ!

 

【第二日目】

image034

 

image035

image038

image041

5年生のスガリュウ。
キャプテンのリュウキと同名のため、HP名がスガリュウとなってしまった。
来季は「スガリュウ」改め「リュウキ」となる予定

image046

image047

image050

こちらは、キャプテンマークを引き継ぐケイト。
来季、キャプテンでいるためにはレギュラーが絶対条件だっ!
ウカウカしていられないぞっ!

image051

ラストマッチを終え、後輩たちに握手で送られるリュウキ。
照れくさいっ!

image052

チームMVPは、もちろんリュウキ。

これで、2016-47シーズンの豊岡FCU-12チームの活動は終了!
「たった一人の6年生」で、チームは全然強くなかったけれど、
リュウキのゴールマウスからの声と、ガッツあるプレーは、何度もチームを救ってくれました。
お疲れ様っ!

 

☆お別れ会

image053

恒例の「お別れ会」。
店主の好意で、「ブラキテ」を貸し切りさせていただき、
2016-17シーズン豊岡FCU-12チーム最後の宴を開催っ!

image054

もちろん、この宴の主役もリュウキ。
なんか…、一人って良いなぁーっ(^▽^;)
なにもかも、特別扱いみたい( *´艸`)

image055

ともに頑張ってきた後輩一人一人から、お別れの言葉を受け取る。

image058

卒業記念に受け取った5号球もピンクっ!
「日本一、ピンクの似合わない男」と言われながら着続けた
ゴールキーパージャージと同色だっ!

image059

宴も終わりに近づき、リュウキからのお礼の言葉。
しかし、感涙が止まらないリュウキ。感激屋さんだぁ(#^.^#)
だからこそ、愛されるキャラだったのかも…。

image060

お世話になった監督からの抱擁っ!
次期、キャプテンは複雑な表情だっ( *´艸`)

image061

そして、後輩一人一人とも、涙の抱擁を交わし、
宴は、大感動の中、終了しましたぁーっ!

 

image062

あまりにもの、感動的なお別れ会に、お母さんももらい泣き(^▽^;)
※ちなみに、リュウキの母ではありません

 

「たった一人の6年生」リュウキ。
たくさんのガッツをありがとうっ!

 
豊岡FCの2016-17シーズン、無事閉幕っ!

【見逃すなっ!史上初、最短連続更新っ!】 その弐は、「豊岡FCカップ」特集だっ!

豊岡FC News2016年12月17日(土曜日)、18日(日曜日) 豊岡市 但馬ドーム


「2016豊岡FCカップin神鍋」が華々しく開催されましたぁ!

注)更新がシーズンをまたいでしまっているため、
文中では選手の学年などその他諸々の表現が昨季のままです。
混乱なさいませんように…( ´艸`;)

我が豊岡FC主催大会ということで、この記事だけは他の記事の中に埋もれさせるわけにもいかず、
別更新とさせていただきましたっ!
それでは、懐かしんで…あっ、いや、正月休みに読んでいる感じでお願いします…(^▽^;)

☆「2016豊岡FC in 神鍋」第一日目(2016年12月17日)

image003

6年生が一人のうえ、5年生に欠席者がいたため、四年生助っ人も参加することにっ!
それでも、主催大会。
ホストチームとして、立派に戦ってくれっ!

image004

真冬の神鍋。
あまりにもの寒さに、まだまだエンジンがかかっていない様子のキャプテン、リュウキ。

同じく、助っ人の四年生も…

image007

いや、しかしっ。
この鋭い眼光は…

image008

さすが、U-12チームで一年間苦楽を共にしてきた5年生…

image009

う~ん…、やっぱり眠そう…(^▽^;)

image010

それでも、いったん試合が始まれば、この通りっ!
ガッツあるプレーで、大会を盛り上げてくれますっ!

image011

そう、大会パンフレットの表紙を飾っているキャプテン、リュウキのモットーが…
「ガッツを見せろっ!」
なのですからっ!

image012

image017

image018

image021

チームメイトにガッツを注入するリュウキ。

image026

image029

思い通りの成績ではなかったものの、
優勝の可能性を残して予選リーグを終了。
ホストチームとしては、安堵の結果…?

 

☆「2016豊岡FC in 神鍋」第二日目(2016年12月18日)

image030

image031

大会二日目。
昨夜は、民宿で楽しいひと時を過ごし、やっぱり朝が眠い…。
大丈夫かっ!? ホストチームっ!

image021

それでも、ひとたびガッツマンリュウキがガッツを注入すると…
〈一日目の写真、また使っちゃいましたぁ(^▽^;)〉

image032

ホラ、この通りっ!

image033

選手たちの表情が変わりますっ!

image034

image035

ゴールを決めたスガリュウに駆け寄り、祝福するリュウキ。
ガッツだけじゃありませんっ。

image036

満足のいく結果かどうかは別にして、
ホストチームとして、立派に戦い抜いてくれましたっ!
お疲れ様っ!

image037

豊岡FCは進出できませんでしたが、
決勝戦には、数千人の…いや、数人の中からオーディションで選び抜かれた
カワイイ女の子たち…いやっ、妹たちが、日役で…いやいや、喜んで花を添えてくれますっ!

image038

見よっ!
前日の夜に、血と汗と涙を流す猛練習で習得した
美しい入場行進をっ!

 

image039

ということで、
「2016豊岡FCカップ in 神鍋」も、大いに盛り上がり閉幕しました。
参加チームの皆さん、ありがとうございましたっ!
そして、大会の準備から運営まで、しっかりと支えてくださった
大会スタッフの皆さん、本当にご苦労様でしたっ!

選手たちは、大会スタッフとして頑張ってくれた、お父さんお母さんに、
感謝するようにねっ!

【見逃すなっ!史上初、最短連続更新っ!】 その壱(^▽^;)…

豊岡FC News2016年11月20日(日曜日)豊岡市 円山川運動公園グラウンド
2016年11月20日(日曜日) 豊岡市ウェルストーク豊岡
2016年12月3日(土曜日)、4日(日曜日) 朝来市 朝来グラウンド


最後の更新から、もう半年近くっ!(^▽^;)
サボりにサボった更新をようやく決行っ!
ついに「史上最大の更新」ですっ!!(^▽^;)

注)更新がシーズンをまたいでしまっているため、
文中では選手の学年などその他諸々の表現が昨季のままです。
混乱なさいませんように…( ´艸`;)

☆コウノトリ杯(2016年11月20日円山川運動公園グラウンド)

image003

但馬リーグ(U-10)を、ブッちぎりの首位で終えた豊岡FCU-10チーム。
にもかかわらず、シーズンここまで無冠っ!!
「絶対にここは獲る」
その覚悟で挑んだ「コウノトリ杯」でした。

image004

コーチと「どう試合を戦うか」をしっかりと確認。

image005

第一戦から、優勝候補が相手。
終わってみれば、ここが『事実上の決勝戦』だったかも知れません。

image006

その最も手ごわい相手に、なんとか競り勝ち、
初戦の大きなヤマを越えました。

image009

image010

image013

それからは、次々と対戦相手を撃破っ!
ついに決勝戦に駒を進めました。

image014

今まで何度も経験してきた決勝戦。
そのたびに、一瞬の気の緩みで惜敗してきました。
「もう二度と、あんな悔しい思いはしないようにっ!」
全員がそう誓って、決勝戦に挑みました。

image015

終始、圧倒的に攻めまくりましたが、
なかなか得点に結びつきません。
それでも、二点を先取。
FKから一点を返されたものの、内容的には圧勝の決勝戦でした。

image016

ついに、念願の初優勝っ!!

image017

優勝旗を受け取る、キャプテンのハル。
優勝カップを受け取る、副キャプテンのラナ。
そして賞状を受け取る、ジュンタ。
三人とも、誇らしげですね(^O^)

image018

チームMVPは、前線を広く走り回り、多くのチャンスをゴールを生み出してくれたゼン。
チーム一、決定的な仕事の出来る選手だっ!

image019

大会MVPは、豊岡FCの攻撃にアイデアを注入し、
相手チームにペースを与えない、抜群の働きをしたキャプテン、ハル。
U-10但馬トレセンの選考からは漏れてしまったが、
今大会では、圧倒的な存在感を発揮しました。

image020

優勝おめでとうっ!
担当コーチの肩の荷が、ストーンッと下りましたっ!(^▽^;)

 

主催していただいた、五荘FCの皆さん、ありがとうございましたっ!

 

☆だんごカップ(2016年11月20日ウェルストーク豊岡)

image021
「コウノトリ杯」が行われていた当日、豊岡FCU-8チームは、
だんごカップに参加していました。

image022

image023

ゴールを決めるソウマ。
ゴール裏で一眼レフを構えるお父さん(たぶん)。
良いショットが撮れましたっ!(たぶん)

image024

ドリブル突破を試みるキョウゴ

image025

同じく、シュン

image026

強いフィジカルと高いスキルで、U-8チームの中軸を担うユウト

image027

アグレッシブなプレーを引き立たせる初速が魅力のハルヒ。
攻撃の中心だっ。

image021

一年生にも、楽しみな選手がたくさんっ!

image032

コートの外でも仲良しっ!
みんなサッカーを楽しんでいますね(^O^)

image043

この日の、チームMVPはキョウゴでした。
おめでとうっ!

image044

お馴染みの、ハチャメチャ集合写真。
今回は、まだマトモ…?
この日も、サッカーを楽しんできましたっ!
「だんごカップ」スタッフの皆さん、ありがとうございましたっ!

 

☆和田山カップ(2016年12月3日、4日朝来グラウンド)
【一日目】

image045

真冬の但馬には珍しく、快晴の下、大会が行われました。
和田山ウイングスの皆さん、毎年お誘いいただきありがとうございますっ!

image046

image049

 

image052

 

【二日目】

image055

image058

ゴールを決めて喜ぶ選手たち

image059

image062

バイタルエリアで、相手をかわすハル。

image063

ハルと攻撃のアイデアを共有できるゼン。
助っ人の四年生コンビが攻撃を多彩にする。

image064

image069

この日の、チームMVPはクラト。
おめでとうっ!

 

次回は、「FCカップ」特集っ!
お楽しみにっ!

あっという間に始まり…終わる…、それが公式戦なのだっ!?(ToT)/~~~

豊岡FC News2016年8月28日(日) 香美町 柤大池公園グラウンド
2016年9月3日(土曜日) 豊岡市 円山川運動公園グラウンド
2016年9月4日(日曜日) 朝来市 朝来グラウンド
2016年9月10日(土曜日)、11日(日曜日) 浜坂町 農村グラウンド
2016年9月25日(日曜日) 豊岡市 円山川運動公園グラウンド
2016年10月1日(土曜日) 豊岡市 神鍋ドーム芝コート
2016年10月15日(土曜日)、16日(日曜日) 豊岡市 ホテルKOSHOフットサルコート
2016年10月30日(日曜日) 豊岡市 円山川運動公園グラウンド


時間というのは、あっという間に過ぎてしまうものです…(-_-)
公式戦くらいは、ほぼリアルタイムで更新していこうと、あれほど心に誓っていたのに…(-_-)

…と深く反省したところでっ!
気を取り直して久々の更新です!(^O^)/
まずは、メインエベントッ!
「全日予選(U-12)」、「県少年予選(U-10)」、「関西少年予選(U-11)」の
三つのサッカー公式戦。
そして、フットサルの公式戦「県フットサルU-10予選」の報告から。

☆全日本少年サッカー大会但馬予選(U-12) 【2016年9月25日】

image003

どうですか?
この勇ましい男たちっ!

image004

6年生のオカリュウにとっては最後の公式戦っ!
さすがの「ガッツマン」も緊張気味か…?

image005

オカリュウだけではありません。他の選手たちも緊張気味。
それもそのはず、登録選手数9名。
なのに、そのうち一人がケガで出場できない状況だったんですぅ(ToT)

絶体絶命だっぁぁぁーっ! 豊岡FC U-12チームッ!

image006

負けたら終わりのトーナメント。
「たった一人の6年生に、一勝でも多くプレゼントしたいっ!」
5年生はそんな気持ちでしょうか。

対戦チームは、ここのところ勝てていない相手…、
果たして…。

image009

image010

相手攻撃陣にたびたびチャンスを与えるものの、オカリュウ、ケイトを中心とした守備で対抗。

image011

まっ、こんなプレーもありましたが…(^^;)

全員が集中したプレーで、引き締まった試合に!

image014

後半にのぞむ選手、そしてベンチ。
「この苦境を、団結力で乗り切るぞっ!」

image017

そして、試合はPK戦にっ!

image018

キャプテン、オカリュウの見守る中、一番手のコタが決めるっ!

image019

「よくやったコタ。俺が止めてやる」と言わんばかりの、丸い…、いやっ…、熱い背中っ!

image020

「このチームは、俺が勝たせるっ!」
相手のキックを、ガッツでストップするキャプテンッ!

image021

コタに続いてオウセイ…、

image022

そして、キック時の写真がない副キャプテンケイトも見事に決めて…

image023

「やったぁーッ!」
全員がキャプテンに駆け寄ります!

image024

見事に初戦を勝利したU-12チームッ!
控え選手も居ない、「たったの8人」が団結して勝ち取った
「とってもデッカい一勝」でしたっ!
よくやったぞっ! 豊岡FC U-12チームッ!

image025

二回戦は、優勝候補筆頭のチームと対戦。
パンツが破れるほど頑張りましたが、残念ながら敗退となりました…(^^;)

 

☆兵庫県少年サッカー大会但馬予選(U-10) 【2016年9月25日】

image026

但馬リーグを圧倒的な成績で制した豊岡FC U-10
優勝候補の一つとして、今予選に臨みました。

image027

「優勝に向かって、ガンバローッ!」
予選を勝ち続けていくと信じていたU-10 チームでしたが…

image028

image029

image030

ことごとくチャンスを潰し、元気のいい伏兵に足元をすくわれ
まさかの初戦敗退となってしまいました…(ToT)/~~~

思い出したくもない悔しい「負け」だったので、
記事も超~短めっ!(^▽^;)

 

☆関西少年但馬予選(U-11)新人戦 【2016年10月30日

image031

豊岡FCの中でも、人数の多い二学年(5年生、4年生)が
一緒になるU-11チームは、例年になく登録枠(16名)いっぱいの大所帯!
無様な戦いはできませんっ!

image032

トレーニング過多で負傷がちなラナが、大会直前にまた膝を負傷!
監督からプレー禁止を宣告され、にらみつけています(^^;)

image033

そんな怖い話はさて置き…
U-12チームキャプテンのオカリュウから、U-11チームキャプテンのケイトへ
キャプテンマークが引き継がれました。
「ガッツを見せろよっ!」
と、檄(ゲキ)を飛ばされたのでしょうか?

image034

新チーム発足!最初のスタメンです!
来年の今頃には、どう入れ替わっているでしょうか?

image035

3チームのグループで上位リーグに進出できるのは1チームのみ。
そんな厳しいリーグ戦にもかかわらず、
優勝候補筆頭のチームと同居するというクジ運の悪さっ(@_@)
そのクジを引き当てたのは、もちろんキャプテンのケイトっ!

image036

上級生相手に、なかなか思うようにプレーできなかった4年生選手たち
まずは、速さと強さに慣れていくしかない。

image039

今季、U-12チームでの「負け癖」で、すっかり自信を失っている5年生選手。
早いうちに自信を取り戻し、
精神的にも、プレーの質においても4年生をけん引できるよう頑張れっ!

image042

新チームでも、確実に攻撃の核となるであろうゼン。
スピード、スキルで上回れない上級生相手に沈黙させられてる場合じゃない!
レパートリーの少なさを改善するためには、
「観て」「チャレンジして」プレーの幅を広げることっ!急務だっ!

初戦の出来から、数名の選手を入れ替えた第二戦。

image045

ようやく初ゴールが生まれましたっ!
ゼンのアシストから、マサヒロがゴール!

image048

この勢いで、点差を広げて逃げ切れるかと思いきや…
同点に追いつかれて、結局引き分け。

1分1敗で一次リーグ敗退となってしまいました。

ただ、伸びしろは沢山あるチームです。
来季、このチームがどれだけ成長していくのか、楽しみにしてくださいっ!(^O^)/

 

☆兵庫県U-10フットサル大会但馬予選 【2016年10月15日】

フットサルの公式戦、「兵庫県U-10フットサル大会」の予選に参加しました。

image049

学校行事、地区行事と重なってしまい、
メンバーが半分しか揃わない状況での出場でした。

image050

image053

それでも予選リーグはキッチリと突破!

image056

image057

決勝トーナメントで惜しくも敗れましたが、
選手たちは、良く頑張ってくれました!(^O^)/

運営されたフットサル委員会の方々、お世話になりました!

 

以上で公式戦の報告は終わりです。
ここからは、フレンドリーマッチ、練習試合などの活動報告っ!

☆サンライズカップ(U-12) 【2016年8月28日】

image058

毎年、夏休みの最終土日に開催される「サンライズカップ」に
出場させていただきましたっ!
土曜日開催予定だった「U-10」大会は、雨のため中止に。
日曜日の「U-12」大会のみの開催となりました。

怪我人続出でメンバーが揃わなかったため、
急きょ召集されたU-10チームの選手。
前日にプレーができなかった分、頑張ってくれました。

image063

image066

image067

image070

image073

優秀選手に選ばれたのは、キャプテンのオカリュウ。
おめでとうっ!

夏休みの最後に、力いっぱいプレーさせていただきました。
柤岡(主催)の関係者の皆さん、お世話になり、ありがとうございましたっ!

 

 

☆ライオンズ杯(U-12) 【2016年9月3日】

image074

豊岡市に本拠を置くジュニアサッカークラブで覇を競う
「ライオンズ杯」に出場させていただきました。

image077

なぜか…、絵になる男です(^^;)

image084

U-10大会も同時にありましたが、
撮影が行われず、写真がありませんでした(@_@)
今大会の記事は、U-12だけです。

主催のライオンズクラブ、豊岡サッカー協会の役員の方々、
大変お世話になりましたっ!

 

☆但馬リーグ最終節(U-12) 【2016年9月4 日】

image085

image090

image091

決して満足のいく結果は残せなかったU-12チームですが、
負けが込んでも、くじけず戦い続けた数ヵ月でした。

 

☆但馬リーグ最終節(U-10) 【2016年9月4 日】

image097

この日も撮影が行われず、写真はこれだけです。
今季の但馬リーグを、U-10チームは無敗で終了!!
ブッチギリの成績で終えることができましたっ!(^O^)/

リーグ運営担当の協会の方々、
お世話になりました。

 

☆ASANOカップ(U-12) 【2016年9月11日】

image098

image101

前日の「U-10の部」に引き続き出場したU-10のゼンとショータロー、
そして…

image104

U-12の男子相手にヘディングで競り勝つラナ!
「サッカー命」のなでしこです。
その上達への意欲と姿勢は、チームメイトの模範となるほどっ!

image107

U-12大会のチームMVPはオウセイでした。
おめでとう!

 

☆ASANOカップ(U-10) 【2016年9月10日】

image108

主力を二名欠きながらも、
「優勝はほぼ間違いないっ!(担当コーチ)」と大会に臨んだU-10チーム。

三年生選手もしっかりと役割をこなし、順調に予選を戦いました。

image111

欠場選手の穴を埋めるべく、緊急召集された二年生のソウマ。
わずかな出場にとどまったが、モチベーションの高さは十分に示してくれました(^^)

image112

同じく二年生のハルヒ
こちらは、すでに何度も召集されていて、
チームにもしっかりと溶け込んでいますね

休憩中も、とにかくサッカーをしていたい、
今年のU-10選手たち

image115

サッカーに対して、とても意識の高い選手がいるU-10チーム。
そんなチームに召集されて、ともに戦うことは、
三年生、二年生にとっては、とってもためになるでしょう!

しかし、この大会に関しては…
主力選手の「休みたくないっ」意欲が仇となってしまいました(-_-)
選手層が超薄く、主力を温存できる試合が一試合もないまま
四試合目の決勝戦へ…

image118

優勝を祈念し、決勝戦を前に円陣を組む保護者と選手たち
学校行事を終えて、ショータローも駆けつけてくれました
「よしっ、これで大丈夫っ!」
コーチも選手も保護者も、みんなそう思っていたのですが…

image119

決勝戦。
試合前のセレモニーです。
すでに、この時には両者のポテンシャルに差が出てしまっていたのでしょう…

image120

試合開始直後はチャンスも作りましたが、
それを生かすことができず。

逆に相手チームは、見事としか言いようのない
ロングシュートやミドルシュート決めました。

image121

スピードと運動量が落ち込んだ選手たちの中で、
ただ一人、相手の攻撃の芽を摘み、
良質のプレスキックを蹴っていたラナでしたが…

もう、試合の流れが戻ってくることはありませんでした(ToT)/~~~

image122

またもや、優勝を逃してしまった豊岡FC U-10チーム。
「もう少し、主力を温存できる起用ができたのでは…?」
ベンチも大いに反省した大会でした。

image123

それでも、頑張って勝ち取った「準優勝」です!
この夜も、ちゃっかり「打ち上げ会」を楽しんだ選手、保護者、コーチでしたぁ(^O^)/

大会を主催、運営してくださった浜坂マリンキッズの皆さん、
お世話になり、ありがとうございましたっ!

 

 

☆神鍋トレーニングマッチ(U-11) 【2016年10月1日】

前述した「関西少年予選(U-11)」のトレーニングマッチに参加させていただきました。
場所は、但馬ドーム芝コートです。

image124

U-12チームとU-10チームに分かれてから一年。
久しぶりにガッツリ組んでプレーします。
コーチも選手も新鮮な気持ちになりますね(^O^)

image125

この日、GKで試されたケイト。
最もサッカーを観ている選手らしく、状況判断やポジショニングで違いを見せました。

image126

中盤のセンターを任されたコタ。
周りを動かせる、説得力のあるプレーができるようになるには、
もっとサッカーを観なければ…

image127

同じセンター候補のラナ。
U-10チームでは、すでに攻守の要として地位を確立しているが、
上級生の男子を動かすには、もう少し信頼を得るまでの時間が必要か…?

image128

攻撃的な面において、ズバ抜けたセンスを見せるハル。
U-11チームの攻撃にアイデアを注入してくれる選手だ!

 

image131

積極的なプレーとコーチングで、チームの良いアクセントとなっているマサヒロ。
周りとの連携が課題か?

image132

小さな身体ながら、U-10チームではディフェンスの一角に食い込んできたジュンタ。
圧倒的な体格の不利をカバーするには、技術はもちろん、状況判断の速さも必要だっ!

コンディションにも恵まれ、良いトレーニングマッチができました。
機会を提供してくださった協会四種役員の方々、ありがとうございましたっ!

次回更新は…


…できるだけ早くできるように頑張りますっ!(^▽^;)/